読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishi1203’s blog

だれにでも役に立たつようなことを探したい主婦です

どんなに頭を使っても脳の消費カロリーは増えない

ダイエット中ですが、チョコを5粒食べてしまいました。しかもカカオ90%以上などのダイエット効果があるチョコじゃなく、砂糖多めの普通のチョコです。

昨日娘たちとリンツのチョコをたくさん買ってきちゃったんですよね。一応ダークチョコと書いてありましたが、すごく甘いので砂糖はそれなりに含まれていそうです。

チョコは大好きなので、食べはじめると止めるのが難しいです。チョコを買ってこなければいいのですが、春休み中なので娘とお出掛けする機会も増えて美味しいものの誘惑が多いのです。

 

食べ過ぎたと後悔して、そういえば脳をいっぱい使えばカロリー消費が増すって本当かな、と思いました。

さっそく調べると脳の消費カロリーは一日の消費カロリーの約20%を占めることが分かりました。一日の消費カロリーが1500Kcalとすると、約300Kcalも脳が消費しているんですね。

しかし残念なことに、どんなに脳を酷使しても脳の消費カロリーは変わらないそうです。

ただ、勉強したり仕事したり集中して脳を使うと空腹感を抑える効果はあるとのことです。

とりあえず日記をここまで書いたら食欲は少し落ち着いてきました。たいして頭は使ってませんが、文章を書いてると間食をする気がなくなるから助かります。

チョコを食べた分、スクワットとラジオ体操してカロリー消費しようと思います。

 

6月の親子遠足までに人並みに痩せるのを目標にしてたんですが、4月にも園で懇談会があるみたいです。食事を気をつけるだけではなく、定期的に運動もしないとダメそうだなぁ。

 

 

 

 

趣味が間食はもうやめようと思いました

次女を産んでから1年3ヶ月。離乳も1歳くらいで完了しましたが、母乳を与えなくなっても猛烈な食欲は収まりませんでした。

三食のご飯はきっちり食べ、間食は3回くらいしてました。甘いものとスナック菓子と生菓子を毎日食べてしまってました。

今振り返るとめちゃくちゃ身体に負担かけちゃってたように思います。だらだらお菓子食べてたら、1時間くらい過ぎてしまいますしね。まさに間食が趣味という感じでした。

おやつを食べることは楽しいです。1人で食べても、子どもや主人と食べても食欲も満たされるし、気分が晴れます。

でもお菓子の食べ過ぎが過剰になってきて、心の底から楽しいと思えなくなってきました。体重は増えるし、身体も重い。服も着こなせなくなって、おしゃれもする気になれなくて気分も落ち込み気味でした。

重い腰をあげてダイエットを開始したのが1ヶ月前です。次女を妊娠する前まで続けていた低炭水化物ダイエットをまた再開しました。

炭水化物を控えるダイエットは、なにかと賛否両論になりやすいダイエット法ですよね。私の場合は夜のみ炭水化物を減らすだけなので辛くないし身体にも負担になっていないように感じます。

精神的に辛くなるダイエットは一時的に痩せても身体に影響が出そうですよね。それに私は意志が弱いので多分続けられなさそうです。

間食は1日1回、長女が園から帰ってきてから一緒に食べるのみにしました。もちろんお菓子のカロリーは100Kcalまでと決めています。最近は毎日娘が早く帰ってこないかなぁ、と心待ちにしている自分がいます。

まだ1ヶ月しかダイエットできてないので、体重の減少は3kgです。体重は1年ほどかけて徐々に減ればいいなと思っています。

体重の減少以外にも、食べる時間が減ったので、そのぶんゆっくり読書したり文章を書くことを楽しめるようになれたのが嬉しいです。おやつを食べることくらいしか楽しみがなかった数ヶ月間がもったいなかったなぁ。

今後もダイエットはもうやめようかな、と弱気になることがあると思います。そんな時にこの日記を読み返して頑張って続けてみます。間食に無駄に時間を費やす自分には、もう戻りたくないです。

長女が0歳の頃になんであんなに不安だったのかなぁ

育児の知識があんまりないひとは、とりあえず育児大百科的な本を1冊買うのがいいですよね。

だけど初めての子育てでは、本の内容をよく読んでるつもりでも実際に行動に移すことができていない場合が多いです。
慣れない赤ちゃんのお世話に一生懸命なので、気力も体力も落ち気味なので当たり前だと思います。

 

育児で迷ったら、本で調べても載ってなくてネットで検索する感じですよね。
私も育児お役立ちサイトやまったく知らないどこかの主婦の方のサイトを見たり、2ちゃんねるまでチェックしてとことん調べていました。
自分の知識が足りないことが原因で赤ちゃんに不利益が生じることは避けたかったからです。

 

中でも母乳については詳しく調べていました。産院で助産師さんたちに親身になって授乳に関して教えてもらっていたので、母乳量や授乳時の抱き方に不安はありませんでした。

 

結局悩むのは、あまり科学的にはっきりとしていないことについてだったような気がします。例えば赤ちゃんが好む味の母乳を出すために何を食べればいいのか、というような疑問です。
助産師さんに聞いても書籍を調べても和食、特に根菜類が最適というのが共通の答えです。

 

ただ、中には何を食べても母乳の味も成分も変わらないとの調査結果があったりします。
母乳が出ない、というように赤ちゃんの生死や健康に関わる悩みは産院に行って相談するしかありません。
でも、ママが食べた食べ物と母乳との関係のように解明されていないことは気になって調べてしまいます。

その当時はネットで調べたり、本を読んだりして母乳の情報を集めていました。


何故あんなに追求しようとしていたのか、今ではよくわかりません。産後のホルモンバランスの乱れから心配性になっていたのかな。

母乳の味にこだわらなくても、赤ちゃんがゴクゴク飲んでくれていればそれが一番ですもんね。今では心からそう思えるんですが、その当時は疑心暗鬼になってしまっていました。
助産師さんに赤ちゃんが機嫌よくて体重も少しづつでいいから増えていれば大丈夫と言われたり、本で読んで知っていても不安で仕方なかったです。

 

でも結局は悩まなくても、育児大百科に載ってるようなことを書いてある通りにやってみれば大丈夫だったんですよね。
私の場合は、周囲に相談できる実母や義母がいたから何でも話すことで少し落ち着いて育児できたように思います。

 

長女が0歳の頃に気が済むまで疑問に思うことを調べたのも今となっては懐かしい思い出です。自分のことではなく、大切な赤ちゃんについてのことだから真剣に調べてしまうんですよね。

育児コネがゼロだった私ですが、ママ歴5年になりました

来週から長女の春休みがはじまります。上の娘と下の娘の年の差は4才です。2人でおおむね仲良く遊んでくれるので助かってます。

 

長女が3才の頃は「小さい子と遊びたい欲」がマックス

 

今5才の長女が未就園児だったときは近所に知り合いもいなくて、遊び友だちを探すのに苦労しました。

公園へ行っても、人見知りな娘はお友達になかなか声をかけれません。親の私がみかねて、「一緒に遊んでくれない?」と誘っても、相手のお友達も人見知りなことが多くて逃げていってしまったり。

「小さい子と遊びたいよ〜」と言うので、子育て支援センターへ行ったりもしましたが、初対面の親子と遊ばせてもらうのは内気な私の性格もあり、大変気を遣いました。

 

長女が1日1回は言う捨てゼリフ
「妹なんてキライ、もう遊ばない」

 

あんなに小さなお友達を求めて泣いていた娘が、5才になってこんなことも言えるようになったんだなぁ、という感じです。姉妹でいつでも遊べることが当たり前になったから言える余裕の一言ですね。

 私自身がひとりっ子なので姉妹を間近で見れるのが新鮮です。2人で遊ぶ姿を眺めて、いつもほのぼのとした気分にさせてもらっています。

 

育児コネがゼロだと子育ては手探りするしかなかった

 

そもそも私は兄弟がいないし親戚づきあいもほとんどないので、 赤ちゃんや幼児と接する機会がほぼ無いままに結婚しました。妊娠してからも子育てに何のイメージも浮かばなかったです。

大変なんだろうなぁくらいの予測で妊婦時代を過ごし、長女が誕生すると慣れない育児で激やせしました。

しかし、前職で介護士として家事やお年寄りのケアをさせてもらっていた経験が意外に子育てで役に立ちました。

高齢者の排泄や食事の介助には慣れているので、赤ちゃんのお世話も割とスムーズにできるようになりました。

子育てがハードじゃなくなった途端に産後太りが加速してしまったのが今でも悔やまれます。

 

少子化がこの先進むと私のように育児コネがまったく無い人も増えていくんでしょうね。

 

 

 

 

 

産後太り解消に夜だけ低炭水化物ダイエット

産後太りがひどいので、1か月まえから夜だけ炭水化物を控えています。本当は3食炭水化物を抜いたほうが手っ取り早く痩せます。

 

でも糖質制限的なストイックなダイエットは医師の指導のもとで取り組んだほうがいいように思うので、今回は夜だけお米やパンを控えることにしました。

自分のダイエット計画をこのブログに記して、なんとか痩せるまで継続したいと思います。

 

①低炭水化物ダイエットなら10kgくらいすぐ落ちるので、気楽な気持ちで取り組む

 

長女出産後に低炭水化物ダイエットで体重を10kg落としたことがあります。低炭水化物ダイエットはら私のように運動は嫌いじゃないけど習慣化できないタイプにはもっとも適したダイエット方法だと思います。

ただ、スクワットやウォーキングなども行うほうがより効果は出やすいです。まだ外は寒いので室内でできるラジオ体操を日課にしています。お腹空いた〜という時に体操をすると食欲が少しおさまります。

 

②目標を決めて3食の食事ルールを守る

 

今回も夏までになんとか元の体重に戻したいです。1か月で3kg減らせたので、あと4か月は炭水化物を控えていこうと思います。

 

朝はコーヒーのみにとどめて、昼は食べ過ぎなければ自由になんでも食べ、夜は炭水化物をカットするというルールにしています。

たいてい昼は次女の好きな麺類プラスフルーツというメニューです。次女は食欲旺盛なタイプで残さず食べてくれるので、料理も作りがいがあります。麺類も炭水化物ですが、日中は子どもと同じメニューを食べようと思います。

 

③精神的な安定もダイエットには必要

 

やっぱり自分が作った料理をモリモリ食べてもらえることが一番の喜びです。美味しそうに食べてくれる姿を見ていると嬉しいし自分の食欲まで満たされます。

最近は誰かといつも食事を共にできるのは幸せだな、と家族の存在に感謝を感じることが増えました。感謝の気持ちをもっていると心が安定して、食欲の暴走が起きにくいように思います。

 

④炭水化物の誘惑に負けないために、タンパク質たっぷりのおかずを食べる

 

今日の晩御飯はグラタンでした。炭水化物の塊であるマカロニの誘惑がすごかったです。ついついグラタンを食べ過ぎそうになりましたが、鶏肉&高野豆腐の煮物を食べてなんとか気をまぎらわせました。動物性と植物性のタンパク質をバランスよく食べられるメニューを作り続けようと思います。

グラタンは娘たちの大好物だから作りましたが、ダイエット中の私には刺激が強かったです。

 

これら4つのポイントを特に意識してダイエットを成功させたいと思います。長女の園の親子遠足までに達成できればいいなぁ。

 

娘にうざがられた話

料理中などに考え事をしてると5歳の娘に話しかけられても生返事をしてしまう件。早急に解決するべく脱マルチタスクを試すことにしました。

長女が園から帰ってきてからさっそく実践しました。実践といっても、なるべく考え事をしないで家事をしつつ娘の話に耳を傾けるだけのことです。

娘はいつものように、うるさいぐらいに園での話を報告してきましたが全然イラつかない。むしろもっと聞きたいなぁとすら感じました。

 

会話が弾むから、娘の機嫌もよかったです。私も調子に乗ってしゃべり過ぎたみたいで、最終的には「ママ、すこし静かにして」とうざがられてしまいました。やはり幼稚園児でも、集中している時に話しかけられるとわずらわしく感じるんですね。

 

考え事は子どもが寝たあとなどにまとめて済ませておいて、日中はただただ家事育児と子どもとのまったりのために時間を使いたいと思います。

 

 

 

考え事してる時に話しかけられると正直わずらわしいの罪悪感を抱かない方法は脱マルチタスク

子どもとのんびりしてると、あっという間にお昼です。子どもたちは朝6時に起きて19時には寝るので、私が娘たちと一緒に過ごす時間は12時間です。

この12時間ず〜っと家事育児があるわけではないです。調理片付けに4時間(3食分)、掃除洗濯に1時間、雑事1時間の合計6時間家事をしていることになります。

19時から0時までの間の3時間くらいは読書したりブログやクラウドワークスの記事を書いたりしています。残り3時間は子どもと遊んだり、帰宅した主人と過ごしていることになりますね。

 

上の娘が園から帰宅すると下の娘と3人でおやつを食べて、そのあと夕食作りをはじめます。子どもたちは2人でなんやかやと遊んでくれるので、その間に料理します。

 

ここ最近料理している時などに、長女から話しかけられると少々わずらわしく感じられることがありました。

5歳の女の子なので、おしゃべりしたい盛りだから仕方ないとわかっています。

でも、なんだか娘から話しかけられることに少しでもネガティヴな感情を持ってしまった自分が本当に嫌になりました。

それで私はなぜ誰にも話しかけられない静かな状態で料理したいんだろう、と考えてみることにしました。せっかく娘が話しかけてくれるのにイライラしている自分がとても嫌だからです。

 

料理をしながら頭の中で別のことを考えている

 

私は簡単なメニューしか作れないので、料理の手順自体はまったく難しくありません。でも娘に少し話しかけられたくらいで集中力が途切れると感じるのは、頭の中で料理以外の考え事をしているからなんですよね。考え事といっても先々の計画や毎月の家計のやりくり等なので、頭をフル回転というわけではないです。

しかし、料理をして、家計のやりくりを考えて、娘の話に耳を傾ける、という3つのタスクを同時に進行するのが私にはストレスになるみたいです。

主婦歴が長い方は多分これくらいの同時進行は難なくこなされると思いますが、私はまだまだ慣れないです。

 

マルチタスクは効率が良いけど子育てではイライラの原因になることがある

 

家事を効率よく済ませるためにマルチタスクはなくてはならない方法です。しかし家事と同時に子どもの相手もする時は、同時に2つまでが限度かなと思います。人によっては3、4つ器用にこなせる方もいると思うと、自分が情けなくなってしまいますが。

 

家事だけに限定すれば、

・洗濯機をまわす

・お鍋で野菜を煮る

ヘルシオ的なレンジで揚げ物をつくる

・掃除機をかける

こんな感じで4つ同時にできます。

しかしほとんど機械が働いているだけで、私の労働はせいぜい掃除機を動かすことくらいですね。

家事のマルチタスクに子どもの相手くらいなら、まだ大丈夫なんですけどね。頭の中で他の考え事してると、私の場合は話しかけられても生返事になってしまうようです。